Q6.オーダーメイドに対して不安があります。大丈夫でしょうか?

Q&A

1.運営会社に対する不安

2.海外生産に対する漠然とした不安

3.品質に関する不安

1.運営会社に対する不安

当店を運営する株式会社クオニティは、創業27年になるシステム開発会社です。コスプレ事業は、新規事業として取り組んでおります。また、当店コスワールドは2014年の時点で10年の実績、50,000点以上の製作・販売実績を持つコスプレ衣装製作の老舗です。もしそれでもやはり不安な場合、手数料は発生してしまいますが代金引換にも対応しております。

2.海外生産に対する漠然とした不安

当店は中国での衣装製作を行っておりますが、中国のものは信頼できない、国産が一番、そう考える方も少なくないのではないでしょうか。確かにニュースを見ていると中国からの食料品問題などが取り上げられ不安を覚えることがあります。しかし、その一方で日本と中国では年間3兆円以上の取引が行われています。 参考URL

日本にとっての最大の輸入国であり、膨大な商品・サービスが二国間を行き交うのですから全ての不祥事を回避することは不可能なのです。しかし、統計的に見れば非常に小さな数字です。

3.品質に関する不安

中国製品は質が悪い、と考える方もいます。確かに世界最高峰の品質を誇る日本と比較すれば見劣りするかもしれません。しかし、日本と中国の違いを理解し、それに合った衣装製作を行えば大分違ってきます。ここでは、当店が考える日本と中国の違いと、当店の取り組みをご紹介致します。

日本と中国の違い

  1. 言語の違い
  2. 感性の違い
  3. こだわりの違い
この3点の違いがあるため、日本的な感性やこだわりを求めると衝突が起こる場合があります。

コスプレ衣装をオーダーメイドで製作する上で当店の心がけ

当店では、前述の違いに対し次の取り組みを行っております。

言語の違い

  1. ・当店には、日本在住10年以上、日本・中国双方を理解したベテランスタッフがおります。

感性の違い

  1. ・当店では、製作時に衣装製作指示書を作成します。
  2. ・この指示書に前述のスタッフが目を通し、加筆修正を行います。

こだわりの違い

  1. ・お客様との話の中で、衣装のイメージを徹底的に打ち合わせます。
  2. ・画像や生地見本の提示、生地素材などのヒアリングを行いよりイメージを具体化します。
  3. ・これらを前述の指示書にまとめることで、製作者に情報を正しく伝えます。
  4. ・オーダーメイドに関しては生地を高級生地指定に致します。
このような仕組みにより、極力リスクを減らすことが当店の取り組みとなります。
トップに戻る